太陽の子 旬教育とは 鷹姫の考える早期教育 さあ あなたもはじめよう
我が家の早期教育のあゆみ 私のこだわり リンク
◆針供養・針
いっすんぼうし

多くの昔話のように、この作品も、たくさんの出版社から色々な形で出版されています。
ほのぼのとした中にも、一寸法師の凛とした逞しさが感じられる挿絵と言葉の相乗効果に、子どもも昔話の世界にすんなり入り、その世界を楽しむ事が出来ます。

はりねずみのはりこ

そらまめくんシリーズの、なかやみわさんの作品です。
仕立て屋のおばあちゃんが作るお洋服を、自分も着てみたいのに、背中の針が邪魔をします。
そんな、はりこの気持ちを察したおばあちゃんが、はりこの為に仕立てた物は?ほのぼのと、気持ちをなごませてくれる作品です。2歳くらいの小さいお子さんから楽しめます。


あかてぬぐいのおくさんと7にんのなかま

韓国の古い物語を元にした絵本です。絵柄も独特な味わいがあります。針仕事の上手な奥さんの持つ「道具の精」のひとつひとつが個性豊かで、思わず絵本の世界にひきこまれます。役に立つということの意味や、仲間の大切さ、協力する事の素晴らしさ等を教えてくれます。読み聞かせは3歳以上となっていますが、むしろ幼児期後半に最適な絵本だと思います。