太陽の子 旬教育とは 鷹姫の考える早期教育 さあ あなたもはじめよう
我が家の早期教育のあゆみ 私のこだわり リンク
◆子どもの心を理解するために

子育て関連書籍のランキング

児童心理関連書籍のランキング


子どもへのまなざし

気性が粗く、自己主張が強い息子の育児にほとほと疲れ果てて、子育てが辛かった時に、気持ちがすごく楽になりました。
「いつまでも泣いて自分の要求を伝えようとするのが本当に頑張り屋の良い赤ちゃん」
という事場に涙が出た事を、昨日のように思い出します。
私のバイブルのひとつです。


心を抱きしめると子育てが変わる

泣いたり怒ったりする子どもの気持ちの根底に理由がきちんとある事。それも、親を困らせようとしているのではなく、逆に、困らせている自分が悔しいという気持ちである事を知って、目からウロコでした。
5歳になってようやく最近、息子が言った
「入院してママに心配かけちゃった。僕、自分が悔しいなぁ。」
という言葉が、この本に書かれていた事が正しかった事を証明してくれています。


子どもが育つ魔法の言葉

「見つめてあげれば、子どもは頑張り屋になる」
「認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる」
等の、子育ての基本なのに、ついつい反対の事をしてしまいがちな私達親が、時々読み返して軌道修正しなければならない魔法の言葉が詰まっています。
読んで終わりでなく、読んで即実践し、繰り返す事で、効果が高められると思います。