太陽の子 旬教育とは 鷹姫の考える早期教育 さあ あなたもはじめよう
我が家の早期教育のあゆみ 私のこだわり リンク

親にしかできない幸せ英才教育「旬教育」のススメ

メールマガジン登録
メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

伝承遊びを見直してみる 〜折り紙〜

お正月特有の遊びとして取り上げられる昔ながらの遊びは、「伝承あそび」と言われます。

こままわし、かるた、あやとり、お手玉、けん玉、竹馬、めんこ、などがよく取り上げられますが、めんこやけん玉、お手玉など、現代ではあまり親しまれない遊びもあります。

そんな中で、幼い子どもから段階を追って大人まで楽しめる、折り紙を取り上げてみたいと思います。



そもそも折り紙というのは、指先を使う遊びです。

「手は第二の脳である」という言葉がありますが、子どが幼い時期に、指先を使うという事は、脳の発達に非常に良いそうです。

初めは、いぬ、コップなどの、多少角の部分の折り方が雑でも、簡単に折る事ができるものから始めると良いと思います。

そして、お手本や本を見ずに、自分でどんどん簡単なものを折る事ができるようになったら、やっこさんやふねなどの、角をきれいに折らないと美しく仕上がらないものへと進んでいきます。

角を綺麗に折る事ができるようになったら、鶴などの細かい作品へと進めます。


鶴などを綺麗に折る事ができるようになるのは、早くてだいたい4歳くらいです。(勿論個人差があります。)

性格もあり、男の子よりも女の子の方が、丁寧に折る事ができるという場合が世間一般では多いようですが、様子を見ながら、お子さんの段階にあった進め方をして下さい。


この時に、少し難しいと

「作って欲しい。」

と言われる事がありますが、そんな時は、自分でしなさいと言わずに、作ってあげてください。



折り紙には、色々な知的要素が含まれています。

一般的によく言われているのが「図形」の認識です。

正方形の折り紙を折ったら、長方形や三角形になる。

三角になったものが、次の段階で開き折ったら、正方形に形を変えるなど、子どもには感動と発見の連続です。

また、折り紙を折って、好きな場所に切り込みをいれて開くと、線対称や点対称の美しい模様ができます。


ふれあいしぜん図鑑(冬)にも掲載されているように、

折り紙を切って雪の結晶などを作れば、大変美しいオーナメントや飾りになります。

また、半分になるよう2回折るなど、同じ形になるように折っておいた折り紙を、左右逆や上下逆に置いて、すべて同じような模様の切り込みを入れ、広げてみると、折り紙を置いていた向きによって、違う形になります。





これは、小学校受験でいう所の「構成」という領域にもなります。
「受験のため」という姿勢やプリントで身につけなくても、折り紙を折ったり切ったりして遊ぶという、普段の遊びで充分身につく概念です。
むしろ、遊びとして行う、こちらのやり方の方が楽しいでしょう。


また、我が家で行っているちょっとした工夫ですが、簡単なものを親があらかじめ作って、それを手に取って観察し、どうやって折ったのか推理しながら若鷹が作ってみるという遊びや、少し複雑なものを親が折って、それを逆にどんどん開いていき、開いた結果から、若鷹も同じ作品を折ってみるという遊びも行います。

折り紙とは、出来上がった作品の美しさやかわいらしさを楽しみながら、実は、こんなにも色々な知的な事を、経験できる非常に優れた遊びだと言う事ができるのではないかと思います。

以下が参考になります。

「伝承 おりがみ 全4冊」

是非用意していただきたい折り紙の本です。
簡単なものから複雑なものまで、これがあれば、大抵の作品は作る事ができますし、応用もききます。


「はじめての多面体おりがみ」

図形を平面で捉えるイメージが強い折り紙ですが、同じ形を組み合わせていく事で、美しい立体になります。
子どもが折るにはまだ難しいと思いますが、この本を見て、親が折っているだけでも、立体の概念を与えてあげられる、鷹姫おススメの一冊です。
大人も、見ているだけで、ため息がでるくらい、すごいですよ。


ある小学校の受験の際、お手玉で遊ぶという取組みが出題されたそうです。
勿論した事がなければ、上手に出来ません。

出来ないお子さんが大半という前提の中で、できるようにあれこれ工夫してみるという姿勢を観察されたのではというご意見が多かったのですが、私は、やはりお手玉を普段の遊びでした事があって、試験の際に出来た、あるいはできなくてもスムーズに取り組んでいたお子さんというのは、この設問の評価に関しては、断然に有利だったと思います。

誤解のないように、補足しておきますが、

「お手玉が出来た」

という出来不出来が、評価されたのではという意味ではありません。


伝承遊びのような、普通に考えれば、現代では経験させる機会の大変少ない遊びを、子どもに経験させている親ごさんというのは、おそらく他の事についても、子どもに色々な体験をさせているであろうという見通しがたちます。

つまり、「子どもに色々な経験をさせる」という親ごさんの姿勢が、高く評価されるのではないかと思うのです。


勿論、試験項目は他にもあるわけで、お手玉だけで合否は決まりませんが、私は、この伝承遊びには、世間であまり取り上げられていない良さがあると思っています。


これらの伝承遊びは、アトリエニキティキなどで取り扱っているヨーロッパの質の高い玩具と共通点があるように思います。

それは、非常に作りがシンプルで、遊ぶ側の人間が、工夫したり、何度も練習したりして、能動的に関わって遊ばなければ、遊びが成りたちにくいとい
うところです。


また、けん玉などは100円ショップでも手に入れる事ができますが、小さい頃にこれで遊んだというパパもいらっしゃるでしょう。
子どもの前で、是非披露してあげてください。

「パパ、すごい!!」

と尊敬される事、間違いなしです。


伝承遊びにこだわる必要はないという保育者の方も増えてきたそうですが、伝承遊びをただの「昔ながらの遊び」として片付けてしまうのは、勿体無いのではないかと考えています。