太陽の子 旬教育とは 鷹姫の考える早期教育 さあ あなたもはじめよう
我が家の早期教育のあゆみ 私のこだわり リンク
 旬教育のおもちゃ箱
万人向け
0歳 【ねんねの頃】
【2〜3ケ月頃】
【おすわりの頃】
【はいはいの頃】
【1歳】
【2歳】
【3歳】
【4歳】
【5歳以上】
旬教育では、玩具は子供にとって「人生経験の序章」という位置付けをしています。

質の高い、考え抜かれて作られたおもちゃで遊んでいる時、子供は自身が
「工夫する」「考える」という、大変シンプルだけれども、人格形成に必要な作業をしている事が分かります。
そして、微妙に加減したり、不自由さを克服するためにアイデイアを出す事によって、遊びの本質を高めていくという作業も体験できます。

そんな事を考えながら、完全とはいかないけれども、我が子に与えてきた、あるいは次に子供を授かったら与えようと思っている玩具を、この「旬教育のおもちゃ箱」というコーナーに掲載する事にしました。

ひとつ注意していただきたいのは、ヨーロッパなどでは大変厳しい安全基準というものがあるため、ここに挙げた玩具には、小さいパーツがあって誤飲の可能性があるという理由などから、適応年齢表示が、3歳未満は不可、つまりは4歳以上と書かれている玩具が結構多いのです。
あるいは、4歳ではかなり難しいのに、パーツに誤飲の危険性がないという事で、4歳からと表示されているものもあります。

しかし実際は、親がそばについて一緒に遊ぶ事で、記載されている年齢よりもむしろ小さい時期の方が大変楽しむ事ができたり、逆に、適応年齢表示よりも、もう少し大きくなってからの方が、遊びこなせるという物もあります。

勿論お子さんのご興味、成長、ある玩具での遊びの段階は、人それぞれですので一概には言えませんが、この頁では、
玩具に表記されている適応年齢ではなく、あくまで家庭やお店で使用している我が子の遊び方の様子を基準にして、実際に何歳くらいで一番楽しめるかという判断で、敢えて記載を致しました。

ですから、2歳のお子さんをお持ちの方でも、1歳や3歳のページに我が子に合いそうな玩具が掲載されているかもしれませんので、できれば、玩具を与える流れとしてもご覧いただければと思いますので、一番初めから順に一度ご覧いただければうれしく思います。

本来の適応年齢表示は、リンク先のショップの表示などでご確認いただいたり、ご自身でご確認をいただきたいと思います。
加えて、この頁では、商品のご紹介をしているだけになりますので、実際のご購入は、リンク先のそれぞれのショップへお願い致します。

このような玩具を扱っている店舗さんには、どちらか片方をリンクせざるを得ませんでしたが、リンク先として頻繁に出てきます「がりとん」さんや「ウッドワーロック」さんなどでは同じ商品を扱っているケースが多く見られますので、送料節約などを考えられる場合、同じ店舗さんでご購入できないか、お調べになられるのも一案かと思います。

また、ショップによって、送料などが違ってまいりますので、ご自身でご確認の上、ご利用ください。

以上の事をご理解いただいた上で、旬教育のおもちゃ箱をお楽しみください。