太陽の子 旬教育とは 鷹姫の考える早期教育 さあ あなたもはじめよう
我が家の早期教育のあゆみ 私のこだわり リンク

親にしかできない幸せ英才教育「旬教育」のススメ

メールマガジン登録
メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

若鷹に与えてきた玩具


2歳


ままごと道具
大好きな動物の絵合わせに夢中でした。
「おんなじ」「おんなじ」と同図形発見の時期でしたので、ヒットしたのかもしれません。
鷹姫は、男の子にも、ままごと遊びは必要と考えています。
右は、若鷹のキッチンです。
こちらは、「小さな大工さん」を通じて、ある会社にオーダーして作っていただいたものです。
コンロと流しの部分は、若鷹と一緒に積木で作りましたので、いつでも変更可能です。
また、お鍋類は、日本のままごと製品では、どうしても大きさが足りず、木の実や貝殻を入れると、お料理がしにくかったので、ある程度大きさのあるものをと考え、ドイツのケルヒャー社のものを使用しています。
アトリエニキティキで購入しました。たくさん入ります。


下は、ままごとの具です。
木製ビーズをはじめ、天然石貝殻木の実などの自然の素材をたくさん使います。
チェーンリングは繋いで、麺類に見立てます。


ダボ

ペグ

「小さな大工さん」のものです。
こちらもままごとの具に、工作にと大活躍。
アトリエニキティキで購入。
初めはただ全部の穴にペグを刺すだけでしたが、だんだんと形あるものを表現するようになりました。
邪道ですが、ちょうど、縦横に10ケずつ穴が開いていますので、10の合成遊びなんかもしました。
たとえば、赤で横に6までペグを刺し、残りを違う色で刺させて、
「赤が6ケと黄色が4ケで10になったね!」
等という具合です。
勿論、こちら、ままごとにも活躍中。




時間内に終わらないとはじけ飛ぶ
合成パズル


ままごとに、ごっこ遊びにと大活躍!
積木遊びの時にも、海の場面ならば水色や紺色、草原であれば、緑やベージュなど、シチュエーション作りに使えます。
大きさは、1メートル四方と50センチ×1メートルの2種類。
ダブルガーゼを使い、自分で作りました。
1歳の時に使っていた、つまみのついたパズルの図形版も、この商品の一部でした。
小さい時は手つきもおぼつかないので、時間を気にせずできるように、タイマー機能は使いませんでした。
こちらは図形の合成パズルになっており、かなり苦労していましたね。


くもん NEWたんぐらむ 旧式

くもん ジグソーパズル

ただのタングラムは、今イチつまらながりましたので、図形が絵の一部になっているこのタイプを、リサイクルショップで入手しました。偶然にも、友人が現行版を持っていて比較しましたら、なんと旧式の方がたくさんパターンが入っていました。

1歳からハマったジグソーパズル。
こちらも大好きな電車やのりものがいいだろうと、オークションやリサイクルショップで旧式を集めたりもしました。
2ピースから始まるタイプからありましたので、くもんの商品をしばらく使用していました。
1歳後半には20ピースくらい。
2歳を過ぎてから48ピースくらいのものをマスターした途端、ジグソーパズルに見向きもしなくなりましたが、また3歳後半に目覚め、その時は88ピースくらいを時間をかけながら作り上げていました。
それも好きな乗り物の絵柄だったからでしょうか。

クッションボール

パジャマ姿で失礼!!
父鷹が気にいって、クリスマスにプレゼントしました。
ロディのように上に乗ってお尻で揺らしますが、丸いので、バランス感覚が必要です。
本当は3歳以上対象とされていますが、若鷹はコツをつかんですぐに遊んでいました。


こ ま


手作りのボタンかけネックレス

指でつまむ事の次は、なんとなくひねる、ねじるという行為だろうかと考えて与えてみました。
一緒に遊ぶうちに、すぐにコツを掴みました。
アトリエニキティキで購入。
秋に拾った木の実とつまようじでも作っています。

こういう玩具がないかなぁと考えて、見当たりませんでしたので、またまたフェルトで手作りしました。
どうせ作るならと、
ピンクのボタンはピンクの布に留めるなどの「色」の弁別
他にも
「大中小」
「長短」
「太細」
これらの弁別も兼ねてできるように、あえて3タイプ作ってみました。
4歳の今でもつないで、おズボンのサスペンダーにして遊んだりと、使用頻度が高く、ご覧いただいてお判りになると思いますが、2枚ほど紛失しています。



その他

ひも通し

木製レールセット

Brio の木製レールセットが、リサイクルショップでかなりまとまってお得に手に入ったので、そこから買い足していきました。
プラレールと違い、きっちり接続しなくても遊びの部分があるので、幼い子どもでも楽しく繋いでいくことができます
初めはパーツを少なめに与えておき、だんだん増やしていきます。
父鷹と一緒に遊ぶうちに、自分で考えて繋ぎ合わせるようになりました。
「まっすぐな線路を、電車が脱線しないくらいに直角に繋ぎたいのね。だからぁ、これ(普通のカーブのパーツ)より短いまるいのが(カーブのパーツの短いもの)、欲しいんだけど。」
と、若鷹本人からリクエストされた時には、ビックリしました。