太陽の子 旬教育とは 鷹姫の考える早期教育 さあ あなたもはじめよう
我が家の早期教育のあゆみ 私のこだわり リンク

親にしかできない幸せ英才教育「旬教育」のススメ

メールマガジン登録
メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

若鷹に与えてきた玩具


1歳


絵合わせ
大好きな動物の絵合わせに夢中でした。
「おんなじ」「おんなじ」と同図形発見の時期でしたので、ヒットしたのかもしれません。


キッズパーカッション
ボンゴ マラカス他
リズムをとって遊ぶことが大変好きでしたので、打楽器中心ですね。
キッズパーカッションのボンゴや木製のマラカスはトイザらスの通販で。
楽器にしても、本物か、それにかなり近いものが好きなので、とても素朴な音と風合いで気にいっています。
虹色のマラカスは、シュタイナーのキンダーガーデンのバザーで入手。
ハマグリの貝殻にフェルトを固めて作られています。
他にも、河合楽器の木琴を持っていました。
私が絶対音感があるため、微妙な音の違いが不快に感じてしまうので、楽器に関しては、調律されているものを選んでいます。
他に発語を促してあげようと、らっぱなども、自宅と車のそれぞれに置いていました。(笑)
この画像のハーモニカは、なんと鷹姫が小学生の頃に使っていたものです。


つまみのあるパズル他
引き続き、指を使う事を重視して、パズルもこんなつまみのあるタイプを利用していました。
右下は、つまみはありませんが、木製で、病院の時間待ち等、お出掛け時によく持ち歩きました。
プラスチックの図形タイプはリサイクルショップで。
他の木製は、吉祥寺の木製玩具のお店で購入しました。


ボードゲームですが...

ボーネルンドで見つけたボードゲーム。
対象年齢3歳以上となっていますが、若鷹は、上のつまみのあるパズルで、図形の認識ができていましたので、色と図形の2つの要素の弁別遊びにいいかもしれないと思い、購入しました。
勿論まだ1歳ですから、ボードをカッターで3分割にカットして「色・形あわせ」という風な与え方をしました。
すぐに出来てしまいましたので、あとはルールが理解できれば、ゲームも可能です。
これにも、ものすごくハマりました。
こういうボードゲームを色々と見ていますと、小さい時期にも、工夫して使えるものが多かったように思います。



滑り台付ジャングルジム
出産祝いにいただいたものです。
個人的にアンパンマンというのが抵抗がありましたが、(笑)
「スポーツ選手目指すなら、運動だ!」
と断言する父鷹の鶴の一声で、部屋の一室を陣取る事に。
若鷹はこのジャングルジムで、生き生きと遊びまくりました。
右上のように、おぼつかない足で、そのまま駆け下りるような事も。
布団もマットに早代わり。
でんぐり返しをしたり、横転したり、家でも とにかく身体を使って遊んでいました。


貼る場所がちょっと違う事も多々
ありますが...

シール貼り

        手作りのスナップフラワー

こんなものがあったらいいのにという玩具が市販されていませんでしたので、手作りしました。
丁度若鷹が1歳台で、何でも真似したがり、さわりたがるので、うかつに針と糸を出せないので、フェルトをカットして作りました。1歳児には、この布を突き刺して金槌で叩いてつける、「カン」タイプのスナップのつけ外しが大変硬かったので、ブラウスなどに使われているような、普通のスナップの方がお勧めです。
その場合は、取れないように、しっかりと縫い付けて時々チェックしてくださいね。これは硬かったので、若鷹は、真っ赤になって、取り組んでいました。


動きを楽しむ玩具
上から落ちてくる人形が、カタカタと心地よい音とかわいらしい動きをします。
何度も何度も繰り返し遊んでいた玩具です。
もう少し、はしごの高さが高いといいのにと思っていましたら、すでに時が経過してから知ったのですが、アトリエニキティキにありました。
結局購入はしませんでしたが、他にも
シロフォン付玉の塔(クーゲルバーン)なども、いいですね。
似た物を持っていましたが、当時はまだ木製玩具に目覚めていなかったので、プラスチック製のものを与えていました。
次の子には...。(笑)


コップ重ね
「10ケの大小の弁別にいい」という事でしたが、それだけでなく、ままごとなどの容器として等、あらゆる用途に使いました。
勿論「5番目に大きいのは?」
等の弁別あそびにも使いましたが、繰り返して遊んでいると、「色」と「○番目に大きい、小さい」を覚えてしまっているようでしたので、本当は、同じ色のものがあれば、そちらで弁別あそびをした方が、しっかりとした弁別の訓練になると思います。
若鷹を見ていると、これは「容器」として使う事が多かったです。
物を「入れる」ものなのだと、小さい子どもにも分かるのですね。


その他

図形と洗濯ばさみ

色々な図形の形のカードをケント紙で作り、洗濯ばさみでそれを挟んで、遊んでいました。
例えば長方形の両側に5ケずつ計10ケ洗濯ばさみをつけて、「蟹」などを作ったり。
色々遊んでいました。


学研のニューブロック

保育園で大変気にいって、とにかくハマって遊んでいましたので、自宅にも揃えました。
「基本セット」+「のりものセット」+「たっぷりセット」と追加して購入していかなければ追いつかないほど、色々なものを作り、よく遊んでいました。


形マグネット遊び

色々な形のパーツがあり、それらを自由に組み合わせて遊びます。
我が家にあるのは、家庭保育園の商品です。