太陽の子 旬教育とは 鷹姫の考える早期教育 さあ あなたもはじめよう
我が家の早期教育のあゆみ 私のこだわり リンク

親にしかできない幸せ英才教育「旬教育」のススメ

メールマガジン登録
メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

初めての焦り


ところが皮肉なもので、今度は若鷹にとって、また別の問題が出てきました。
このクラスのおこさん方は、幼稚園入園前の秋の時点で、ほとんどのおこさんが、ひらがな、カタカナがすらすら読めるという状況だったのです。

若鷹は、この2歳の時点では、ひらがなを五十音の半分ほど読める程度で、しかも一文字を読むのにも
「えっと、...」
という感じで2〜3秒くらい、時間がかかりました。
先生が
「これは?」
とパッとカードを見せただけで、他のおこさん達は、即
「○○!」
と、すらすら答えます。

読める子が大半ですので、読みや詩の音読も、時折ひとりずつ行う事もありました。
「お母さんと、一緒に読んで構わないんですよ。」
と、先生にはおっしゃっていただきましたが、若鷹は、自分だけがうまく読めない事を気にし始め、特にレッスン中の音読を嫌がりました。
不思議な事に、「小学校入学までに、読めて書ければいいのだから」 とゆったりと構えていた私も、少々焦りを感じてしまいました。

前のクラスで、若鷹はどちらかというと、クラスの中では月齢が高い方でした。
この時期の子どもの3ケ月、半年という月齢は、かなりの差になります。
できる事が多かったので、
「若鷹くんは、すごいねー。」
と言われる事が多く、
「半年くらい経てば、Aちゃんだって、きっとできますよ。」
と、子どもにも親の私にも、余裕があったのです。

つまり、
今できなくても、いずれできるようになる事は、できるようになる時期に個人差があるのだから、別に気にしない。」
というスタンスでいられたのです。

ところが、そう思っていた私が、状況が変わったら、途端に焦ってしまっているのです。
今思うと滑稽ですが、当時は若鷹も
「自分も、みんなみたいに読めるようになりたい。」
と、私に訴えてきました。

読み聞かせもたくさんしており、普段から文字に触れる機会はあったのですが、他にもカードをカルタにしてハイハイ競争で取りにいったり、大人の読む実用書などから、ひとつの文字を決めて「文字探し」競争をしたり、少しでも単調にならないよう、楽しく取り組めるよう試みましたが、どうもなかなか覚えません。

当時参加していた、早期教育に興味のある方が集まるメーリングリストにも書き込みをしてみました。
たくさんの方のご厚意で、様々な方法が寄せられましたが、逆に、「そこまで親がしないとダメかしら」と、気が滅入りそうでした。
大人が滅入りそうな事を子どもにしたら、子どもはどう感じるだろうか、とも思いました。

そんな中、ひとつのご意見にハッとさせられました。
「今、ひらがなが読める事が、そんなに重要ですか?若鷹くんには、若鷹くんの得意があるはず。親として、いちばん根っこの部分を見失っていると思います。」
というものでした。
「あー、そうだったなぁ。」
と気付きました。
目が覚めたという方がいいでしょうか。

こうして冷静になり、よくよく考えて見ると、そのクラスの中で、文字の読みに関しては若鷹は一歩ひけをとっていましたが、反対語をすぐに覚えてしまったり、俳句や百人一首、英文の暗唱、図形の取組みや直感像などでは、クラスをリードしていました。

文字を読んだりする事の方が、大人に取っては関心があり、また目につきやすい事なので、埋もれてしまっていましたが、若鷹には、得意なことがたくさんあるという事に、きちんと気付いてあげるべきだったのです。

先生にも、時を同じくして
「若鷹くんは、記憶力がよくて、図形が非常に得意ですよね。」
とおっしゃっていただきました。
その言葉に安心して、私も読みに対しては、あまり焦りがなくなりました。
今までどおり、毎日楽しく、親子でできることに取り組もうと、割り切る事ができました。

そして不思議な事に、私がそう開き直ってから、あれほどなかなか覚えられなかった、残り半分のひらがなを、若鷹は10日ほどでマスターしてしまいました。

親の気持ちを、子どもは敏感に感じ取る。
そして、ストレスを感じている時には、脳は物事を吸収しにくいけれども、
リラックスした状態であれば、驚くほどのスピードで物事を吸収する
それを実感した出来事でした。



テキスト&DVD
【初級編】

発売中