太陽の子 旬教育とは 鷹姫の考える早期教育 さあ あなたもはじめよう
我が家の早期教育のあゆみ 私のこだわり リンク

親にしかできない幸せ英才教育「旬教育」のススメ

メールマガジン登録
メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

幼児教室への入室


幼児教室のレッスンを体験してみて、私は、いささか期待外れの感情を持っていました。
若鷹は1歳11ケ月でしたが、月齢を考慮したパズル遊びをしたり、弁別の取組みをしたりと、家ですでにしているような、遊びや取組みがほとんどだったのです。

私は与える玩具にある程度こだわっていましたので、教室で、わが家にある玩具やボードゲームとまったく同じ物が使われていたりした時には、うれしい気持ちにもなりました。
しかし、私は記憶遊びやカードのアプローチの面白さを期待していましたので、満足できませんでした。

3件程の教室を体験して、すべてそういう感じでしたので、これだったら特に入室せずに、今のまま自宅で続けていけばいいのではないかという気持ちでいました。
家庭ですでにしていることと非常に似ていましたので、少なくとも高い月謝を払ってわざわざ通う事はないと思ったのです。
最後に1件体験を残して、ほぼそういう結論に固まりかけていました。

たまたま1人の時に、その近所に用事があり、説明書きやパンフレットがあれば、事前に目を通しておこうと思い、立ち寄りました。
子どもと一緒ですと、その場ではなかなか満足に資料に目を通すことができないからです。
また、あらかじめ目を通して、自分の疑問点や知りたい事を整理しておけば、体験の時に、その観点から子どもを観察できますし、質問もしやすいわけです。

時間帯がよかったせいもあるのか、資料を下さっただけでなく、現在の取組みに対するアドバイスまでいただき、教室の特色などもご説明下さいました。

そして、実際に教室で使用している教材も見せて下さったのですが、この教室の教材の種類と、カードの趣向のおもしろさに、私は興味が湧きました。

若鷹はレッスンを楽しむ、親である私は、それを家庭での取組みに生かすため、先生の技術やノウハウを学ぶという事に徹しました。
毎週のように湧いてくる、新しい疑問や興味については、その都度先生に質問をすると、きちんとしたアドバイスをいただくことができました。
約半年、大変楽しくレッスンに通っていました。

ところが、年度の途中の夏、担当の先生が転勤される事になり、新任の先生に交代しました。
今までの先生がベテランの先生で、子どもの気持ちをつかむのが大変お上手な先生でしたので、新任の先生のレッスンにメリハリが感じられず、クラス全体が、だれた雰囲気になってしまったのです。

まだ慣れない先生も、お気の毒でした。
それでもニコニコと大変親身になって、子ども達に接しておられましたが、肝心の若鷹が
「行きたくない。」
と言い始めてしまいました。
私は若鷹に、新しい先生がとても優しい事等、考えられるだけの、先生の素晴らしい所を、若鷹に伝えつづけました。

けれども若鷹は、前の先生が大好きでしたので、その先生が急にいなくなったショックと、
後任の新しい先生のテンポ、そして、クラスの雰囲気に、やはり戸惑いを感じていたようでした。

「(前任の)○○先生は、若鷹の事が好きじゃないから、いなくなっちゃったの?」
と聞かれた時に、私は、若鷹の不安で寂しい気持ちを、感じずにはいられませんでした。
「そんな事、絶対にないよ。○○先生は、若鷹の事が大好きだったのよ。お仕事でいなくなってしまっただけなの。
それに、新しい先生も、若鷹のことが大好きなのよ。」
と、諭すのですが、若鷹はシュンとしていました。

新しい先生も、これから徐々に慣れていかれ、レッスンの進め方もお上手になっていかれる筈です。
自分の事でしたら、それを待てばよかったのですが、2歳児にそれを待ってもらうという事は無理でしたし、その期間我慢するには、普通のサラリーマン家庭の我が家には、お月謝が響きました。

私は新しい先生に申し訳ないと思いながらも、クラスの変更の希望を出しました。
他のお母様方も同じ対処を希望されていた方が多かったようで、結局そのクラスには、その曜日のその時間帯でないと、都合が悪いという方だけが残りました。

その先生には大変申し訳なかったと思っていますが、その時のその判断は、必要な判断だったと今は思っています。
ただ、その先生に対して、クラスが代わってからは、ご挨拶をしたり、こちらからお声かけしたりと、特に気をつかいました。
そのせいか、若鷹もその先生に対しての違和感は、なくなってきたようでした。

変更していただいたクラスは、大変活気のあるクラスでした。
若鷹も、このクラスを大変気にいりました。
レベルも高く、親としても、申し分のないクラスだと感じました。
こうして、若鷹は、また、レッスンを楽しみにするようになりました。


テキスト&DVD
【初級編】

発売中